長南町の古民家(と-1)

築100年の古民家物件です。
北側が雨の浸食で腐り、部分的にひどく傾いています。
これにより建具が動かせず、屋根までがずれています。
「売るには、つぶして更地にするしかないだろう……」と、持主様は考えていらっしゃいました。

いえいえ、いまなら充分に修理できます!

現状からは想像できないかもしれませんが、とても立派なお家です。壊してしまうのは簡単ですが、これを現代に再建するのはあまりに困難です。

古民家は極力直して、残したい……。
この先も誰かに住んでもらえるよう補修に取り掛かります。

工事は基本的にDIY。
床や柱&梁の補修、断熱などは、自分でできるものなのです。
でも業者に頼んだら費用がかかります。
ご興味のある方は一緒に作業をしませんか。
自力での古民家暮らしや、田舎暮らしをしたい人をバックアップします。

そして、この物件に住みたい人も募集中!

◆   ◆   ◆

さて、絶望的に思える部分をご紹介します。(^_-)


北西の部屋の土台が腐って柱が落ちている。そのため、全体に家屋がゆがんでいる。


土間に雨水が流れ込むようで、土台と建具がすべて腐っている。


屋根がずれている。

 

●お問合せ: 

関連記事:
ウルトラ古民家防衛軍