カテゴリー別アーカイブ: 田舎の暮らし

鶏のいない朝

いつものように朝5時頃に目覚めました。

表にでると……?!?!?!

庭に大量の黒い羽毛。。。
うちの猫が山鳥を食べたか……、
それにしては羽毛が多く、山鳥にしては羽根が大きい。キジでもない。
わが家の飼い鶏が喰われた事に気づくまでさほど時間はかかりませんでした。。

春の長雨にぬかるんだ周囲には、犬らしい足跡……。大小あるので最低2頭いたらしい。かなり騒いだはずだろうに、何故か昨夜は細君も含め異変に気づけませんでした。
6羽いた鶏が1羽しか見えず、呼んでも出て来ません。

鶏小屋周辺で残された遺体が何羽も見つかりました。
殺すならぜんぶ食べてけよ……。
喰わないなら殺すなよ……。
相手は野犬ですが、夜盗に襲撃されたような気持ちでした。
家畜を含め、家庭を護れるよう考えて来たはずですが、できませんでした。
鶏小屋のトビラを閉めなかった我々の責任です。
トビラに金網がはってあっても、獣を止めきれないでしょう。でも、侵入するまでの時間は稼げます。対応できたかもしれない……自分の甘さが辛いです。

うちの鶏たちは、部落の山に捨てられていたのを引き取って飼ってました。庭の虫や草、ちょっとの飼料で、美味しい自然卵を家族に供給してくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。
散り始めた桜と同様、すべて自然の営み。
一切が美しく過ぎていきます。

by Tomo


最後のたまご 。裂けた体からこぼれ落ちたようだ。


ポスト(籠)にタマゴを産んでしまう愛嬌ある軍鶏。
毎日だったことが思い出に変わった。


猫と鶏が放し飼いで同居。猫に鶏を捕らないようしつけてある。

昼寝をしていた猫。タマゴを産む場所を探している軍鶏との微妙な駆け引き。でも猫は大抵ゆずってしまう。おかげで鶏はいつものびのびとしていられた。

猫エサをめぐる駆け引き。

屋根裏に子ども部屋


古民家の屋根裏を、部屋へリノヴェーション。
ここしばらく取り組んでいた仕事です。

古民家の天井は物置として使われていたりするので、充分な強度があります。
大引きと根太を組んで固定。
水平を出すのですが、今は素晴らしいプロ用ツールがあるので、手早く正確にフラットが出せて設置できます。

 根太の間に断熱材を設置。
断熱というより防音のため……(^_^;)


コンパネを捨て貼りし、フローリング材を貼っていきます。
無垢板材なので、1本1本……地道な作業が続きます。
曲がっていたり反っていたり、材によって変形を直しながらクギを打ち続ける。。。
ある意味、苦行のようです。
しかし、仕上がりが素晴らしい!
これが喜びです!

この後、部屋と土間空間が繋がるように加工していきます。
元々の持ち味を活かし、より楽しい空間へとアレンジ。
これぞ古民家リノヴェーションの醍醐味です!
また続きをご報告します!

by Tomo

屋根裏の子ども部屋

関連記事:
古民家の屋根裏
ウルトラ“古民家”防衛軍

防災体験キャンプ

防災体験キャンプ_缶のランタン

2017.3.11
この日、千葉市少年自然の家にて「防災体験キャンプ」を開催しました。

現場にある材料でいろいろ工夫する。
“工夫”を体験することは、
人間としての“自活力”を育みます。

4月からは、長南小学校4年生の授業に参加します。
ブルーシートテントづくり、焚き火料理などなど……。
皆さん、どうぞよろしくお願いします。

防災体験キャンプ_千葉市少年自然の家 2017.3.11
防災体験キャンプ_缶の飯盒

関連記事:
ダッチオーブン料理教室

新たなチャレンジ

トモが参加する「ウルトラ古民家防衛軍」の活動に、新たな物件が加わりました。

築100年の古民家です。(詳細/長南町の古民家と-1)

見た目は絶望的に思えても、健全な箇所がまだまだあります。
壊してしまうのは簡単です。でも、安易な道を選ぶことで、取り戻せなくなるものがあります。

不安はたくさんあります!
でも、“Be STRONG‼︎”でチャレンジあるのみです!
DIYレベルで自力リノベーションの可能性を模索します。
ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

by Tomo

関連記事:
ウルトラ“古民家”防衛軍

ビオトープ

今日は池をつくっていました。
ナベさんとユンボ作業です。
春になってしまったので慌てています。そろそろタマゴを生みに来るヤツがいるからです。

今までは側溝の溜まり水に産んであり、晴れの日が続くとだんだん干上がるので困っていました。底にペラペラのカラカラになったタマゴを見るのが居たたまれず、でも何日か後に雨が振るとまたプヨプヨに。その繰り返しで毎年ハラハラしていたので、ここは池にしたいと考えていました。しかし、スコップで掘るのは大変な作業です。それがユンボであっという間に出来上がり!うれしいですね。1年経てば草も生え、世界が構築されることでしょう。

↑これです!
ユンボで潰されるから、ひとまずバケツに救出。これはサンショウウオのタマゴなんですよ。

リートフェルトのレッド&ブルーチェア風

今日の参興OYAJISは、木工クラブのように楽しくやっています。

“リートフェルトのレッド&ブルーチェア”風の図面をもとに、それぞれが自分の好みで作っています。

角材の組み合わせなので、市販の材を買ってくればできそうです。しかしトモは、ケヤキ板から角材を切り出すことに挑戦!
磨いてオイルを入れ、骨を組み上げたところで今日は終了でした。続きはまた後日に……。

↓発起人カワさんのイスはほぼ完成。ケヤキの端材が活かされて面白いものができました。飲み物を置く台もついててナイス!

ふきのとうのペペロンチーノ


ふきのとうのペペロンチーノ。
セリとシイタケもアクセントです。
ぜ〜んぶ野原の収穫物です。春は最高〜!
農薬もなければ公害も無い。
これぞ田舎暮らしの醍醐味です。

今日はこんな作業をしていました。馴れると生き物みたいに動かせて、ロボット操縦士の気分です。

by Tomo

 

 

庁南城を攻めよ!

ある日、子供のランドセルにチラシが入ってきました。

「いざ!冬の陣!庁南城を攻め落とせ!!」

え?まじ?!!
企画はなんと公民館。このぶっ飛んだ感じに即応募してしまいました。

庁南城跡は戦国時代の遺構です。歴史の表舞台からは脇の脇の方だそうです。(^_^;)
こういうのは大好きなので、ずっと興味がありました。でも実際はどこから行けるのか知りませんでした。→場所

このツアーで配られた資料は、探検地図として最高! 個人的に永久保存版指定です。(^o^)/
原図製作は小髙春雄さんという方。現在の遺構は木が生い茂り、全貌を把握するのが大変なんです。ここを実際によじ登って確認しながらつくった地図だそうで、超マニアックです。

さて、この庁南城の遺構に何があるのかというと、戦いに備えるための地形でした。尾根の反対側を削り落として断崖絶壁になってたりするわけです。
子供達も大喜びで、どんどん先へ登って行きます! 少し危ないくらいの探検はワクワクと楽しいものです。
次回はぜひ“合戦”体験もしてみたいです。こういうの、どんどんお願いしますね!


探検地図。原図は小髙春雄さん「長生の城」(茂原図書館蔵)


ケガは自己責任で!という心づもりが大切。クレーマーがいるとこういう企画は実現できず、当たり障りのないつまらないイヴェントになるだけです。(-_-)


断崖絶壁。尾根の向こう側を削り取った人口の壁。


雁股と鉄砲玉(庁南城跡出土/公民館蔵)
鉄砲玉は未使用品。

庁南城跡はここです。→地図

玉前神社の注連縄飾り

img_2961

ここ5年ほど神社用の注連縄と飾りを製作しています。秋祭りと正月のために年2回、隣町の大きな神社からの依頼です。一宮町“玉前(たまさき)”神社といいます。その周囲の神社や東浪見海岸の大鳥居も含めた大量の注連縄と飾りを作ります。

我が部落の師匠が古代米を育てるところから手がけ、刈り取り……乾燥を経て、注連縄飾りの材料となります。ワラ束をみんなでより合わせて製作します。長さ10m以上の大物もあります。力のいる大仕事です。

注連縄作りをしていると、柔軟で丈夫という稲の特徴がよく理解できます。縄だけでなく笠や蓑、俵や座布団、ムシロやコモなどなど、かつての日本の生活には稲藁が様々に活用されていたことに、改めて気付かされます。ただ古いだけの過去の文化として忘れ去られてしまうのは残念すぎる! そんな想いで毎回この作業に参加しています。

今回は新たな形式の飾りを製作。まもなく改築が終わる玉前神社本殿の遷宮式に使われる特別な飾りです。伊勢神宮なら20年ごとに開催されてますが、こっちは滅多にないので、いっそう気持ちが入ります。古い写真を基に作り方を推測して再現していきます。伝統の飾りとして後々受け継がれていくモノを手がけられる、これは頼んでもなかなかできる事じゃありません。いろんな意味で面白い事業です。

玉前神社の遷宮式は2017年4月28日に予定されています。興味のある方はぜひご覧ください!

by Tomo

img_2966

↑なんと!根っこつきの稲藁を使用した遷宮式用の特別な飾り。

img_2963tr

↑熟練の技で大縄をなう。歳神様や産土神社の飾りもみんなこの師匠に習った。

 

天然のかき氷

img_2250

今朝から雪です。
大雪です。
先日から天気予報を聞いて驚いていましたが、本当に降りました。しかも積もらないだろう……なんてタカをくくっていたのですが、みるみる厚く積もり、一変して雪景色になりました。

4WD車でも滑るほどの立派な雪です。週末に控えたイチロー塾は大荒れ?!。
 img_2249
みてください〜!
天然のかき氷です。
外に置いた器に一時間でこの状態。
春に仕込んだ梅や赤シソの酵素シロップをかけて、超おいしいです。ふわッふわのサックサク。
雪がきれいでカビや粉塵など都会の毒が含まれていない。田舎暮らしならではのささやかな楽しみです。
なんでも雨は降りはじめから7分経つときれいになるそうで、これがミネラル成分たっぷりの天然飲料水として最高なのだそうです。平素にお茶を飲むときの水として昔から利用されてきたそうで、“甘露”と書くのはこれが原点だとか。平安時代から語り継がれているそうです。
by Tomo