カテゴリー別アーカイブ: ウルトラ“古民家”防衛軍

古民家の歪みや傾きを直す仕事

“曳家”という職人衆がいます。
古民家は長年の変化で基礎が沈下して、カベが傾いたり、床が落ち込んだり、障子も動きにくくなったりしています。 家の歪みを直す大仕事は、昔から“曳家さん”が行っていました。
現在、ウルトラ古民家防衛軍が携わっている古民家も歪みが激しいため、ここだけは曳家さんにお願いすることになりました。これさえできれば、あとはDIYで直せるようになるわけです。
落ち込んだ柱をジャッキで上げて、床を水平にしていきます。グニャグニャだった床面が水平になると、それまでボロボロに思えた家が矍鑠としてきます。歳を重ね曲がってしまった背中が、いきなり若返って元気になってしまった?! それほど家全体が活き活きとして見えてきます。
これって整体みたいです!
リノヴェイションして住み続けられるのは、良い素材を用いて、日本の伝統工法で建てらているからこそ可能な事。やはり古民家には大いなる魅力があります!!

7月1日(土)までは曳家さんの現場を見学しながら勉強会を開催します。
ぜひこの機会にご参加ください!

by Tomo


布基礎をうつため、現在の柱の基部を水平に切り落として短くしています。

関連記事:
ウルトラ“古民家”防衛軍(リンク)

長南町のお宝物件

なーんと、楽しい店舗物件に出会いましたよ!!
このブログがご縁で、ウルトラ“古民家”防衛軍にご興味を持たれた方からメールをいただいたんです。

こぢんまりとほどよい規模に魅力がギューッと凝縮したような物件! それはそれは大興奮してしまいました。

商店建築で、広い土間があります。建具や壁の装飾、鏡など細かい部位がいちいち古民家ファンには垂涎ポイント!
立地条件だって申し分ないのに、売れなくて困っているとのこと。ぇえ??
要するにですね、こういうのが好きな人のところに情報が届いていないんですよ。(;´Д`) もったいない!!!

この町には、お宝物件がたくさん眠っていそうです。
住み手がいない家は、あっという間に朽ちていきます。本当に一刻も早く救済したい……。

というわけで、ウルトラ“古民家”防衛軍の視点でいきましょう。これを見て「いいね!」と思った方、ぜひお仲間にもご紹介ください。
詳しくはこちらをご覧ください!

◆更新情報(2017.8月)
・契約成立。応援ありがとうございました!

 

長南町の目抜き通り沿いなので、車がなくても徒歩や自転車、バスだけで生活できそうです。それなのに、こんな環境も付いて来ますよ。↓

商店街の雰囲気からは想像できません。裏にプチ里山が付いています。これは、なんと!庁南城跡の一部なのですよ。

山の裾に洞窟が3つ。一番右の穴は、奥へ奥へと続いています。四つん這いにならないと入って行けないのですが、お城への抜け道だったりして!?
今度、潜入捜査させていただきます。(`_´)ゞ

 

◆更新情報(2017.8月)
・契約成立。応援ありがとうございました!

 

関連記事:
ウルトラ“古民家”防衛軍
庁南城を攻めよ!

古民家改修、まずは片付け!

はじまりました!
長南町の古民家“と-1”。絶望的な状態と思われているあの物件を
DIY修理して住めるようにしてみせよう……という企画です。

現状引渡という条件ゆえに安価に入手できる物件がありまして、貧乏だけど充実した生活に憧れる若い人たちに、熱烈にオススメしたいです。

基礎が崩れ、建物全体が歪み、壁が崩れている。住み手がいなくなって久しい物件は、とても住めるように見えません。絶望的に思える現状は、途方に暮れる気がしますが、みんなでやればあっけない。まずは草刈りからスタート。そして片付け。するとどうでしょう。掃除するだけで家が活き活きとしてくるようです。ツボを押さえた掃除方法というのがありまして、たった1.2時間の作業で、惨憺たる状況だった家が見違えます。

作業すること自体も楽しいですが、集まってくれた人達を“まかないメシ”風にねぎらってあげられたら、それだけでパーティーなんです。ただお酒を飲んでいるだけの飲み会が昔から大嫌い。こういう、前向きな目的があるからすべてが楽しいのです。 後日の筋肉痛も良い思い出になります!

お金を稼ぐためだけに、都会で精神をすり減らすだけの生活。何のためにあるのか? その点、長南町の暮らしは、充実した日々を送れるというものです。苦役に思えることも大きな楽しみになる。自分で住まいをつくるということは、とても充実感があります。10年先の暮らし方にイメージを持ちましょう!

さて、今日は手壊しを体験しました。腐った増築部分を取り壊し、使える木材を再生用に、その他は薪用にストック。ただゴミにするのではありません。最後まですくい上げて活用するのが合理的で私達の好みです。(`_´)ゞ


母屋を残すための手壊しです。

手壊し_古民家と-1_ウルトラ“古民家”防衛軍


物件の見学者。まだ現状を見ても住めるなんてイメージはわかないかもしれませんね。(^_-)


草刈りが終わった庭でランチ!季候も良くてきもちがいい。


作業の傍らには必ず焚き火があります。そして、とりあえずサツマイモを入れましょうかね。驚きの美味しさ。でも最近は未体験の人も多いのかな?

 

関連記事:
ウルトラ“古民家”防衛軍
長南町の古民家(と-1)

屋根裏に子ども部屋


古民家の屋根裏を、部屋へリノヴェーション。
ここしばらく取り組んでいた仕事です。

古民家の天井は物置として使われていたりするので、充分な強度があります。
大引きと根太を組んで固定。
水平を出すのですが、今は素晴らしいプロ用ツールがあるので、手早く正確にフラットが出せて設置できます。

 根太の間に断熱材を設置。
断熱のためではありません……(^_^;)


コンパネを捨て貼りし、フローリング材を貼っていきます。
無垢板材なので、1本1本……地道な作業が続きます。
曲がっていたり反っていたり、材によって変形を直しながらクギを打ち続ける。。。
ある意味、苦行のようです。
しかし、仕上がりが素晴らしい!
末永く楽しんで頂けるものになります。
これが喜びです!

この後、部屋と土間空間が繋がるように加工していきます。
元々の持ち味を活かし、より楽しい空間へとアレンジ。
これぞ古民家リノヴェーションの醍醐味です!
また続きをご報告します!

by Tomo

関連記事:
ウルトラ“古民家”防衛軍

新たなチャレンジ

トモが参加する「ウルトラ古民家防衛軍」の活動に、新たな物件が加わりました。

築100年の古民家です。(詳細/長南町の古民家と-1)

見た目は絶望的に思えても、健全な箇所がまだまだあります。
壊してしまうのは簡単です。でも、安易な道を選ぶことで、取り戻せなくなるものがあります。

不安はたくさんあります!
でも、“Be STRONG‼︎”でチャレンジあるのみです!
DIYレベルで自力リノベーションの可能性を模索します。
ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

by Tomo

関連記事:
ウルトラ“古民家”防衛軍

傾いた家の補修

50数年前に建てられた、素敵なディザインの木造住宅。今、リノヴェーション中のT邸です。今日は下がってしまった部分を修正する作業を行いました。

専門用語で“ひき”という仕事です。落ち込んだ箇所にジャッキをかまし、水平をとっていきます。“曳家さん”という職人さん達によって作業が進みます。鮮やかな手際で水平を出し、あっという間に基礎のコンクリートを流し込みました。さすがプロです。

土台が傾いてしまうと扉の開閉が困難になったり、屋根に隙間が空いて雨漏りしたり……家にとって様々な問題を引き起こします。しかし、しっかり修繕できれば、住宅としてこれからも長い時間使い続けられます。素晴らしい仕事です。

by Tomo


ジャッキアップしたところ


鉄筋を置いてコンクリートを流す

小屋リノベーション

img_0324

ウルトラ“古民家”防衛軍の、初めの一歩。使われていなかった家畜小屋をオフィスにリノベーションしていきます。

まずこの土日の作業は、荷物の運び出しから始まりました。10年以上も閉めきっていた小屋内は笹がニョキニョキ生え、荷物は腐って崩壊していました。建物の土台も腐り、柱が下がっており、それをジャッキアップして歪み修正。床用の大引き設置、新設の壁と出窓づくりを行いました。

 

↓片付けが完了したカラッポの小屋(リノベ前)

img_1824

↓半間外側に壁を新設し出窓をつくりました。

img_0411

↓作業中の風景

img_0390

by 文吉堂

ウルトラ“古民家”防衛軍 結成!

img_0275r

参興OYAJIS”の活動を通して、

木の味わい、手をかける楽しみ、物を修理して使うことなどを語りかけていますが、この度この中から「ウルトラ古民家防衛軍」が結成されました。

我が長南町の「空き家バンク」には「もうつぶすしかないね〜」という絶望的な古民家がたくさんあるそうです。

しかし!見に行った建物は充分に直せる状態でした。お金をかけられないから「つぶすしかない」と考えてしまうわけですね。
 我々のコンセプトは古民家を残すこと。必要最低限の補修とDIYなどで費用を抑えて再生し、次世代へ残したいのです。

現代生活にマッチするような間取りや利用方法を考えることも大切なポイントです。

そこでプロジェクト始動!

まず初めに手がける物件は、崖崩れで土に埋もれかけている家畜小屋。これをリノベーションします。
11月5日、6日に作業開始です。
他の物件も徐々にご紹介します。

ウルトラ古民家防衛軍が参上しますよ!

by 文吉堂

 

img_0266

img_0270