ゾンビ、小学校に現る

日本でハロウィンがずいぶん目に付くようになりましたが、本来なら「地獄の扉が開いてゾンビが出てくる日」なので、かわいいキャラクターには違和感があるのです。
そこで、トモが担当している小学校の英語授業に、アメリカのハロウィンをとりあげ、自己表現の面白さと大切さをアプローチしました。みんなで思いっきりゾンビメイクをしましたよ。

このガイコツメイク、どうですか?!
このまま運転して帰り、帰宅してもメイクを落とすのが残念でならないのでありました。だって素晴らしい出来映えでしょ??


頭蓋骨を手に、メイクの話をしています。


ゴミ袋で衣装づくり


フェイスペイントでついにゾンビに!


みんな本当に個性豊かでした!


これでも笑っています。みんな、よくできました!

関連記事:
統合した長南小学校の新しい挑戦!
長南小学校の新しい挑戦!(その2)