カテゴリー別アーカイブ: Be Strong !!

葉隠マッチ公式練習会の様子

葉隠マッチ公式練習会
2018.3.4  @Easy SHOOOOOTING

公式練習会の動画です。

↑モンスターバリケイドを使用した訓練の様子です。
コンビネイションによる戦闘射撃。
トレーニングの大きな目標になります。


広い会場! 6つのステージを設置しても、まだまだ充分にスペースがあります。素敵な訓練所です。


仕上げは、オリジナルコース“ミニ葉隠マッチ”を組んでみました。


EasySHOOOOOTING特製のターゲットシステムで訓練。通称“05(マルゴ)”ターゲット。ランダムで起き上がるターゲットを射撃。ホステイジ(赤)を撃たないで、敵(緑)を倒す。うかうかしてると敵に逃げられ。。。
内容も数パターンがあり、難易度が設定できる。電子ターゲットとして高い完成度。葉隠マッチに導入します! EasySHOOOOOTINGさんで練習できます!!


メタルワークス竹居さんが、またまた新型ターゲットをご提供くださいました。いつもありがとうございます。


参加者のみなさん、ありがとうございました!
マッチ当日にまた会いましょう!

by Tomo

葉隠訓練2017


NOVEL ARMS Presents 葉隠訓練 M-6
2017.10.28(土)、29(日)
AIRSOFT ZONE DELTA(千葉ポートタウン)にて

バリケイドを使った戦闘射撃術。
パートナーを気遣ったコンビネーション射撃です。
みなさん、最初は戸惑っていましたが、みるみる上達しました。これが鍛錬のすばらしさです。

その時の動画をアップしましたのでご覧下さい。

by Tomo

葉隠マッチ公式練習会 @ Easy SHOOOOOTING

まだまだ寒いですが、春の兆しが見え隠れする今日この頃です。
春と言えば“葉隠マッチ”です。
「競技として参加しながら、実戦的テクニックを習得する」事をコンセプトにスタート。今年で7回目となります。
2018年の本戦は4月15日。
(詳細はこちらへ → URL)

葉隠マッチ本戦に先んじて、公式練習会が3月4日に開かれます。場所は八王子のEasy SHOOOOOTINGさん。4レーンの射撃場と多目的練習場を備えた本格的シューティングレンジ。ゲーム内容と難易度が設定できる、独自のターゲットを備え、ビギナーから熟達者まで充実した時間を過ごせます。この特設レンジで葉隠マッチ公式練習会が開催されます。
モンバリ2台とイチローバリケイドなど、葉隠マッチお馴染みの設備で訓練。
「マッチの前に体験してみたい!」
「本戦と同じ設備で練習したい!」
皆さんの参加をお待ちしています。

(3/6更新:当日の様子はこちらへ →Blog)

by Tomo

  

2018’新春浅草ブラックホール準備


今回なんと、ブラックホール実行委員会より来場者すべてにプレゼントされるのは、こんな豪華なカレンダーです。イチローさんとボブチャウ……まさに最強コンビですね。トモが写真を提供させていただきました。


“葉隠訓練”体験コースが出現します。
モンスターバリケイドを制作しているところです。

自分を鍛錬する楽しさを、ぜひこの機会に体験してください。


最初のガバメントモデルガンの箱!
こんなの見たことない。ものすごく良く作られていました。
パンフレットも上質な紙が使われています。
(非売品)
人気のモデルガン個人ブースで見せてもらえます。
貴重なアイテムに出会えるのがブラックホールの魅力です。


バッグメイカーのヴァンクェストがブラックホールに登場!
ブース参加していますよ。
アレックスは、元シュアファイヤーで勤務していた人で、イチローさんのことを良く知っていました。
イチローさんデザインの箸を見つけて
「チタン製か〜!欲しい!」と即決で、コンセプトの説明はいりませんでした。
この箸はイチローガン団ブースで販売していますよ!

 

明日と明後日、ブラックホール会場にてお待ちしてます!

photos by Yada & Tomo

葉隠訓練@北海道

 

北海道に行ってまいりました。
マイナス7℃、そして予想外の大雪で寒かったです。
「葉隠訓練@北海道」主催者“鬼軍曹”さんは、赤字覚悟でトモを呼んでくれました。
「いざという時、技が無ければ護れない!」
そう考える、熱血漢達が集まりました。
以前、日本各地で行き合ったことのある方々5名を含め、異なる職場や部署の方々。
新たにネットワークが育ち、根付き始めている事が実感できました。

2017.12.1〜3 葉隠訓練@北海道

広い訓練所でした。
必要に応じて機材を組み立てたり、付け足すことができます。
練習機材を組んだままにして置けるので、想定訓練と射撃練習、それぞれ必要な時に行き来することができました。
自由に組み替えられる環境。
固めのゴム床もよかったです。
SCF桜山コンバットフィールドは、訓練所として快適でした。

各種バリケイドやフォーリングプレイトは、主催者”鬼軍曹“さんと、“センセイ”をはじめとした開催スタッフさんが用意してくださいました。
訓練の準備は大変です。きっと苦労が多くあったはずです。

日中も夜間もそれぞれに訓練。ハードなスケジュールをこなしました。
初日夜には、つまみ&お酒🍶持参のプチ宴会。楽しいオプションです。=(^.^)=
すでに次回が楽しみなヲトコ……ん⁈( ゚д゚)
あっ、宴会だけじゃなく、再開が楽しみという意味ですから。。。σ(^_^;)

皆さんのご尽力とご配慮に感謝するばかりです。
痛手なく無事終われてホッとしてます。

お世話になりました!

by Tomo

関連記事:
葉隠訓練@福島
ブラックホールに“葉隠”が登場!
二見さんに会おう!

二見さんに会おう!

小倉駐屯地にてイチローさんとトモが教官として活動してきたことは、我々からは発信できない情報でした。
元小倉連隊長の二見龍氏自ら書き下ろした「40連隊に戦闘技術の負けはない」が発表され、それが明らかにされました。
はじめて二見さんにお目にかかったとき、虚構ではないリアルな戦闘に対する感性をお持ちだと感じました。従来のマニュアルにとらわれず、必要と思った技術や知識を我々からどんどん聞き出しておられました。二見さんは、組織内での保身よりも全体の未来を見据えた上での自分のやるべきことがはっきり見通せておられ、その姿勢と至誠観からは学ぶ事が多かったです。“民間人”を呼ぶことに難色が多い中、小倉駐屯地だけは二見さんのおかげでみるみる発展を遂げました。
明日もブラックホール会場に二見さんがお越しになります。イチローさんがブログで書いていました通り、ぜひ二見さんと握手して少しでもお人柄を感じていただきたいと思います。

ブラックホールに“葉隠”が登場!

葉隠訓練の2大装置をブラックホールに設置しています。当てるということの難しさと楽しさをぜひこの機会に体験してください。
この2つは、イチローさんの膨大な経験をベースに実現した訓練設備です。楽しく撃っている間に自然に戦闘力がアップできます。ぜひ体験しに来てください!

↑ウピウピ隊が撃ちに来てくれました。

↑紫鈴蛇ちゃんも来てくれました。

関連記事:
葉隠訓練@福島
葉隠訓練2016“イチロー塾”のお礼

2017’夏祭りブラックホールのお知らせ

今日から3日間、浅草にて“ブラックホール”に出展しています。今回のトピックスは……、

二見龍氏(元小倉連隊長)とのトークショウ

トークショウは、12日(土),13日(日) 13:00開演。(当日変更される場合もあります)
そして、著書「40連隊に戦闘技術の負けはない」製本版の販売(1,500円税別)と、サイン会を開催します。

ノーベルアームズ

葉隠訓練の冠スポンサーであるノーベルアームズから、ダットサイトやライフルスコープなどを特別価格で販売しています。

TUFFプロダクツ「狙撃バッグ」

限定4個のアウトレット品(黒のみ)を特価で販売しています。

掘り出し物

プレミアムグッズ、試作品、撮影品、中古品など、いろいろ特価で販売しています。

皆さまのお越しをお待ちしています!

長南小学校の新しい挑戦!(その2)

今年から地元の長南小学校4年生の授業を担当しています。教室ではなく、外で 様々な体験プログラムを試みる中で英語を使います。必要に迫られると普段モジモジしている子どもも英語を喋り始めました。しかも通じるという喜びで顔が輝いています。

1学期の体験内容は、まず原っぱにどうやって自立テントを作るか工夫し、つぎに火はどうやっておこせるのか実践しました。何もないところから何でも作り出せる自活力を育むようプログラムを組んでいます。

紐を結べない子が結構たくさんいて衝撃を受けました。現代は都会も田舎も大して変わらなくなってしまい、昔に比べて子供達の経験値が下がっていることに気づかされました。しかし体験すれば、あっけなくできるようになるんですよね。子どもの吸収力はスポンジのようです。

ここの生活には都会にない楽しみがたくさんあります。人工的に作られたエンターテイメントではありません。日常、そこら中にあるものです!この価値に気づくと幸せでいられ、力強く生きられることでしょう。たくさんの体験を通して、たくましくなって欲しいですね。


↑↓同じ構造のテントはひとつもありません。実際に中で過ごすとまた次のアイディアが出てきます。


↑↓火吹き棒づくり。工具の使用も問題なし。

校長先生です。自らフィールドの草を刈るなど、先回りして動いてくださっています。


さっそく使ってみたくなる火吹き棒!


燃えそうなものを想像しながら山へ拾いに行く。

2学期は、焚き火をあやつって料理に挑戦です。

 

関連記事:
統合した長南小学校の新しい挑戦!
防災体験キャンプ

“グリーンヴァリー ピストルクラブ”にて

試合前の調整において、大切な事の1つにサイトインがあります。
狙ったところに弾が命中するか?
練習レンジに到着すると、まずはゼロ点調整。
狙ったところに当たらなければ意味がないので、確認と調整が欠かせません。

レンジ内では、ちょうど地元のシルエット射撃競技会が行われていました。.22口径という小口径のライフルを使って25m、50m、100m先の小さな鉄板ターゲットを撃つ試合です。

合間をぬって、我々のサイトインのためにターゲットを立てさせてくれました。試合中にもかかわらず、ピリピリした雰囲気は無く、じつに穏やかでおおらかな時間。個人の感情よりも仲間意識が強くある。「歓待しよう!」という気持ちがビンビン感じられるのです。国と人間が違うだけで、こうも社会が異なるのものか……いつもアメリカに来ると実感させられます。

by Tomo

愛用銃を見せてくれます。皆さん気さくな方ばかり。楽しいです。


32倍のスコープでスタンディングで射撃。ビシッと狙えるためにはかなりの修練が必要です。


独特の構え方で、正確にターゲットを射貫く。


鳥やイノシシ、野生のヤギなどターゲットも多彩。


さらに……「サプレッサー付きの銃は撃ったことがあるかい?」と訊かれ、撃たせてもらいました。皆さんホント気さくです。

関連記事:
友との再会……いよいよビアンキカップ!