カテゴリー別アーカイブ: 物欲バンザイ!

タクレットMB

tomo5569_70psff

↑ホルスター付きPCビジネスバッグ。イチローさんの最新ディザイン、TUFFプロダクツ“Be STRONG”シリーズ“タクレットMB”

taclettmb_003

15インチのノートPCをラクラク収納。

taclettmb_002

PC収納部の両脇にペンフォルダーを装備。クナイを気持ち良く収納できる。

taclettmb_004

taclettmb_005a

↑ズィッパーを開ければバッグの収納量がアップする“エキスパンダブル”仕様で、普段はコンパクトに使用でき、必要な時はドカ~ンと容量を増やせる。

taclettmb_006

↑ホルスターとマガジンパウチを装備。ポケット内側がベロクロ仕様で、好きな位置に配置できる。
taclettmb_007a

↑ホルスターはベロクロでガンのサイズに合わせて調整できる。ライトなどを装備した状態で収納できる。シンプルながら良いディザイン。

taclettmb_008

↑マガジンパウチに色々な物が整頓できる。

taclettmb_009

内部にDリングがあって……、

Dリングを露出させるとプルタブとして機能する。
taclettmb_010  taclettmb_011a

↑プルタブを引くとズィッパーが開いて、ガンを素速く抜き出せる。
taclettmb_012

↑ホルスターを調整してiPhoneを収納。

taclettmb_013

taclettmb_014

バックパックで使える。両手が空くのは嬉しい。taclettmb_015b

いや~“タクレットMB”イイですね~!
「使うのが楽しみになっちゃうバッグ」って、とっても久しぶりだったもので。こんな気持ちになるのは初代“タクレット”や“シューティストプロ”以来でしょうか?! これまで使っていたバッグから中身を移し替えながら、そんな事を考えてました。
良いPCバッグが欲しいとずっと以前から思ってました。
今までいろいろ使いましたけど、PCの保護ばかりで、バッグとして全然満足してませんでした。容量が欲しいけど、その分バッグが大げさになるし、逆にすっきりしたものを選ぶと、必要なアイテムが入らない。それがです。“タクレットMB”を見た瞬間、これまでのPCバッグへの不満が一気に解消しちゃいました!
15インチのノートPCが楽々入り、周辺機器や書類なども色々収納。しかも、ズィッパーを開けばメイン収納部が約3倍に拡大できるので、数日の出張にも重宝します。
荷物が少ないとき、無駄に大きなバッグを持つのはナンセンス。疲れます。その点“タクレットMB”なら、普段はスリムに使って、荷物が多いときにガバッと広げられる! 思い切ったディザインが素晴らしいです。
ソフトな感触ですが、ハリハリした仕上がりで素敵。余計な装飾がゴテゴテ付いてないため、飽きずに長く使えそうです。また、3Way仕様で手提げ、ショルダーバッグ、バックパックと、内容量と状況に合わせ形態が変化できて使い易い。両手が空くのは嬉しい事です。
◆   ◆   ◆
ボク達にとってなによりの注目はホルスター機能です。
拳銃を納めて携帯でき、必要な時はズバッと抜いて闘える!!
日本じゃまったく意味がありませんが、ガン好きの物欲を激しく刺激しちゃいます。
バッグから拳銃が出てくる……しかも、とんでもないスピードで! ディスクリートなタクティカルホルスターとして、特殊部隊装備にハイスペックな逸品になるでしょう。
ホルスターの他にマガジンパウチが付属します。ペンや充電ケーブルなど、生活に必要なトゥールを整頓して持ち運べます。ホルスターとマグパウチは、ベロクロで使い易い位置に好きに固定できます。ベロクロ付きのパウチなどを揃えれば、あらたにポケットを追加することもできます。ユーザーの好みに応じて収納部が変化できる?! ディザインできる機能性が素晴らしい!
◆   ◆   ◆
2016年晩秋にイチローさんが来日した際、試作品をシャバーテストしてらしたアイテムが、新春ブラックホールで緊急発売!! プリプロダクションモデルのため、量産となるモデルと異なる部分がありますが、実用にはまったく問題ありません。今後別売りになる予定のホルスターとマガジンパウチが今回はフル装備。これで特別価格30,000円の先行販売になります。数量限定です。この機会をお見逃し無く~!

by Tomo

アニマルバランス

img_0713r

先日、面白いアイテムを見つけました。

いつもは安易におもちゃを買ってあげないのですが、ディザインの面白さに物欲がザワつきました。揺れる船にバランスを保ちながら積むミニゲームとして愉しめるもの。それぞれのカタチが上手くディザインされていて、様々な載せ方ができます。

何人かで順番に積み上げて行く遊び方も楽しいです。可愛い……というだけでなくて、知的に愉しみながら刺激を受けられる。良い買い物をしたな〜とつくづく思いました。

by Tomo

↓ついつい芸術的な積み方に凝ってしまう。

img_2980r

img_0710r

4人で積んだコラボ作品。オットセイはわりといつも筋力がいるポーズ。(^_^;)

img_0709r

 

木工フェスの準備

img_0141

明日から9日間、「Jazzyな木工フェス」が開催されます。
ここはレンタルスペース「プロジェクト長南」という元郵便局のレトロな建物です。今日も夜中まで準備に追われましたが、なんとかカタチになって、初日を迎えられそうです。

家具リノベから古民家や住宅のリノベまで、木味を活かす感性で生活を楽しもう!
……というコンセプトです。
日本の古い木製品も多数展示。
木の魅力を、様々なアングルから紹介したいと考えています。

「プロジェクト長南」→地図
千葉県長南町の元郵便局跡地(セブンイレブン上総長南店の裏)
皆さん、ぜひご来場ください。

by Tomo

img_1465

img_1466

img_0138

img_1467

img_1469

img_1471

img_1470

「カッティングボードづくり」報告

img_9735

img_9791

今日はワークショップ「カッティングボードをつくろう!」の日でした。磨くとケヤキ材が美しく化けます。これは参加者の仕上がり品。迫力の存在感です。使い方を想像すると楽しいですね。

img_9753

さて、なにやら石像のようですが、今日は椅子づくりに没頭。座り心地を確かめては、座面を修正していました。

by Staff

img_9747

※ 木を楽しむ!かんたん木工ワークショップの開催内容は、こちらをご覧下さい。

カッティングボードをつくろう!

ワークショップを開催します。こんなカッティングボードを食卓で使うとかっこいいですよ!

木の風合いを活かして作るので、使わないときもオブジェのように楽しめちゃう。四角いアタマを丸くして、これまでに無かった面白さや実用性が紡ぎ出せるかも。また、木工の入門編としても最適。ぜひご参加くださ〜い!

by Tomo

Tomo4323

Tomo4322 Tomo4328ps

■カッティングボードをつくろう!■

フルーツやハム、チーズ、パン、ケーキなどをきったり盛りつけたり。テーブルを彩る食器としてのカッティングボード。木の風合いを活かしてつくるから、壁に掛かっているだけでも暮らしが華やぎます。自由な発想でつくりましょう! もちろん普通のまな板もO.K.です。

⚫︎使用工具:丸ノコ、サンダー、グラインダー。

⚫︎日時:2016年9月10日(土)  9:00~12:00(最大15:00まで延長)

⚫︎参加費:2,000円

⚫︎材料費:500円~ *お好きな材をお選びいただけます

⚫︎場所:プロジェクト長南
(セブンイレブン上総長南店の裏:千葉県長生郡長南町長南1198-1)

お申込&お問合せ先:
090-9396-6230(鈴木)
szksgtk@icloud.com(鈴木)

主催:参興OYAJIS
(シゲ、ナベ、トモ)

ごほうびはアリランラーメン?!

IMG_9064.jpeg

今日は久しぶりのアリランらーめんです!
 40ページの大量原稿をやっとこさ提出し終えまして、自分へのプチごほうびです。
 濃厚魚介系ダシにぶつ切りのニンニクやタマネギがゴロゴロ。疲れたときは身体が求めます。アリランらーめんは“薬膳”というのが個人的な認識です(笑)。自家製麺が美味しくて、特性ラー油ソースの辛味がスープを引き立てます。

 “ラーメン”として食べに行くとビックリしちゃうかもです。“アリランらーめん”という食べ物だと考えれば納得です! それくらい独特で印象深いラーメン。食べないでいると禁断症状?! が出るほど。忙殺の迷宮にあって、めったに食べに行けないのが悩ましいです。
 ちなみに……“アリランらーめん”というのはメニューの中の一品。お店は長南町山内にあり、ラーメン系のブログやサイトで「日本でいちばん行きにくい」として語られています。
 古~い納屋を移築してお店にリノベーション。建物だけでなく、主宰者の好みが貫かれたアイテムがそこら中にあって、見所が多い店でもあります。また注文のしかたに暗黙のしきたりがあったりなんかして、独特の緊張感が漂います(笑)。美味しさとムード、ぜんぶ含めてとても愉快です。(^O^)/
by Tomo

IMG_9057.jpeg
 席がいっぱいの時は外で待ちます。
 IMG_9058.jpeg
 いい香りが漂い、食欲をそそりまくります。

練習?

IMG_7935

T氏が練習に来ています。
といっても射撃ではないんです。
これはターミネーターの子分です?!
ということはT氏はターミネーターということになります。
未だALが未発達なので人間が操ります。人間の仕事がどんどん機械に取って代わられていくのでしょう。人間が携われる仕事があるだけ幸せだった……なんて思う事になっていくのでしょう。
とはいえ、これまではヘリコプターなどに乗らなければ撮れなかったような、ダイナミックな映像が手軽に撮れてしまう事は素晴らしいです! 扱う人のセンスに関わってきますけど。
ラジコンとして、カメラとして、
面白いことだけは確かです!
by Tomo